大阪市長へ再チャレンジするらしいが今度落選したらどうなるのか

またも大坂市長選挙に引っ張り出された柳本氏だが来る参議院選挙に出場予定でしかも当選確実とみられており、ようやく政治家として安泰の地位を築けるものと考えていたに違いない。

当選した暁には自分の生まれ故郷でもある西成の再開発にひと役買いたいと考えていたはずだが、やはり自民党本部からの要請となれば断るわけにもいかず再挑戦となったのあろう。

当然だがしっかり落選後の身分保障の件なども話し合ったことだろうし、たとえ市長選に落選しても参院選にも出れるようにしてやるとか、自民党幹事長の言質を頂いたているはずだ。にもかかわらず滑り止めをしっかり確保しておきつつ「市長選は命がけで頑張る!」とか決意表明をしてしまえるのだから、開いた口がふさがらなかった。

京大を出て関西電力に入り人生の勝ち組が確定したかに思えた男がなぜまた政治家に転身したのかよくわからん部分もありますが、もうこれからは政治家として食っていくか、だめなら自営でもしていくしかないういうことですが、男、柳本氏にはすでにその覚悟は出来ているのでしょう。

ただ大阪の2重行政を今後も継続していくに等しい氏の基本的な考え方は理解不能。国民の税金を無駄使いして何とも思わないのと一緒だからだ。即日融資 ランキング