外出時つい忘れられがちな真夏の唇UVケア

日焼け止めを塗って、帽子をかぶり、日傘をさして出掛ければ、夏のUV対策は完璧と思いきや、ちょっと待ってください。
意外と忘れがちなのが、唇のケアです。

唇も肌と同じように日焼けし、ダメージを受けています。
皮膚が薄い唇には、皮膚を守るための皮脂を出す皮脂腺がありませんので、紫外線のダメージを受けやすく、くすみ、しみ、しわ、ひび割れ、腫れが起きることがあります。
また、口紅の油分が紫外線によって酸化することで、唇に悪影響を与えることもあります。

唇にも肌同様のUV対策ケアが必要で、冷房による乾燥や紫外線から守らなくてはいけません。
対策は簡単で、UVカットできるリップクリームや口紅を使用しましょう。

紫外線対策には力が入りますが、ケアはあくまでもやさしく行ってください。
また、UVカットのリップクリームは唇への刺激になりますので、使用するのは昼間だけにしましょう。
唇はメラノサイトが少ないため、肌と違って日焼けが分かりにくいですが、普段からのケアで魅力的な唇を保ちましょう。