一風変わった日本酒の楽しみ方をご紹介します

私はお酒が大好きで、特に日本酒を好んで飲みます。
美味しい日本酒は全国各地にありますが、ここでは好きな銘柄ではなく、少し変わった日本酒の楽しみ方をご紹介したいと思います。

1つ目は、ふぐの白子を使った白子酒です。
白子とは精巣のことで、その白子に煮えるほど熱い日本酒を注いだものが白子酒です。
白子のドロっとした舌ざわりと濃厚な味が日本酒の甘さと合わさって、口に含み度に体が温まり、幸せな気分にさせてくれます。
白子には毒があるので、信頼できるお店でしっかり処理された白子を使って試してみて下さい。

2つ目は、みぞれ酒です。
シャーベット状に凍らせた日本酒に冷酒を注いだものが、みぞれ酒です。
日本酒を容器に入れ、冷凍庫に1時間程入れておくと固まり始めますので、フォークやスプーンで空気を入れるようにかき混ぜます。
固まり具合が柔らかければ、かき混ぜてから再度状態にあわせて冷凍して下さい。
凍らせ過ぎてしまった場合は、かき氷メーカーで削ってみましょう。
シャリシャリに凍らすことで、辛口の日本酒も口当たり柔らかく飲みやすくなります。
特に、夏場におすすめの楽しみ方です。

普段飲んでいる日本酒に飽きてきたら、是非試してみて下さい。