ビール味のアルコール飲料を必死に作る日本企業

居酒屋の飲み始めと言えば「とりあえずビール」が、ジャパニーズスタイルです。

季節を問わず、キンキンに冷えた生ビールで乾杯する光景が、酒場の至る所で見ることができます。

世界のビール消費量は、30年連続で増加しており、世界屈指の品質を誇る日本のビール消費量は世界第7位、

世界一のビール消費国は中国で、首位を独走し続けています。

日本で流通しているビールは、ビール、発泡酒、第3のビールの3つに分けられます。

高い酒税をなんとか回避しようと企業が努力した結果、さまざまなビールが開発されてきました。

ビールとは、麦芽、ホップ、水を原料とし発酵させたアルコール度数20度未満のものを指します。

発泡酒とは、麦芽使用量が50%以下で、麦、米、トウモロコシ、高粱、馬鈴薯、澱粉、糖類が麦芽の半分を超えて使用されているものを言います。

第3のビールとは、発泡酒にスピリッツを加えたもので、麦芽以外を原料として造ったものです。

日本では、経済的理由からビールの味がすれば、ビールでなくても良いと言う消費者の傾向が強まっています。

しかし、膨大な研究開発費を掛けてニアビールを造るのなら、美味しい本格ビールの開発に時間を費やす方が、全ての人にとって幸せな気がします。

酒税がもう少し低くなれば、おいしいビールが経済的に飲めるのですが・・・。脱毛 都度払い 安い