アメリカドラマ「リベンジ」シーズン4 第6話を見て

アメリカドラマ「リベンジ」シーズン4の第6話「打撃」を見ました。

ルイーズはヴィクトリアに近づこうとして失敗し、ターゲットをマルゴーに変えたようです。やはり精神的に不安定な感じなので、彼女には注意が必要ですね。マルゴーは聡明な人物だと思いますが、ダニエルと交際しているので気は抜けません。

そして、警官のベンが予想以上にコンラッドの事件に関心を持ち、独断でどんどん調べだしたのでびっくりしました。ジャックは初めはそんなベンに対して怒ったり呆れたりしていましたが、無限のマークを見て協力を表明しましたね。あの彫られたマークが今後どんなカギとなるのか、どんな伏線につながるのか気になるところです。

また、テレビの生放送に出演したデヴィッドが、ノーランを裏切り者扱いしたのはとにかくかわいそうでした。あんな状況で真実を言えるはずもなく、ただ静かに涙をこぼしたノーランが哀れでなりません。まったく望んだ展開にならないところが歯がゆいですが、それでめげない根性があるところがエミリーのすごいところでもあります。デヴィッドの本性を暴けるのか、注目したいです。鼻下 脱毛