お風呂上りに牛乳を飲むのをオススメします。

朝食がパンの時は、コーヒーや紅茶、牛乳が定番ですよね。
特に牛乳やヨーグルトなどの乳製品は整腸作用の効果もあり、朝食には欠かせない存在です。
そんなカルシウムが豊富な牛乳も、夜に飲むことでカラダには良い効果を得られるのをご存知ですか。
それは骨を丈夫にする牛乳の持つパワーに秘密が隠されているのです。

牛乳には骨を形成する上で必要な栄養素が豊富に含まれており、成長ホルモンと結合することでカラダが作られています。
昔から「寝る子は育つ」と言いますが、その言葉通り成長ホルモンは夜間の分泌量が多いのです。もちろん、成人になっても成長ホルモンを分泌して骨を形成しています。
つまり、骨を作るために必要な成長ホルモンの分泌が夜間であるならば、骨の材料となるカルシウムを多く含む牛乳を夜に摂取するのが理想的といえるでしょう。
お子さんの成長期にはもちろんのこと、加齢とともに衰える骨粗しょう症などの予防にも効果が期待できます。

朝に飲む牛乳が便秘予防のためなら他の食品でも代用は可能ですし、牛乳が苦手であればヨーグルトやチーズなどの乳製品をお薦めします。
夜飲む牛乳は最初は少し抵抗があるかも知れませんが、例えばお風呂上りの一杯を麦茶から牛乳に変えてみるのもひとつの方法です。
少しずつ慣らしていくことで、生活習慣の一部として取り入れてみてはいかがでしょうか。キレイモ プラン変更